これは日本語でのサイドバー・エミュレーションです

日本語(にほんご、にっぽんご[注 1])は、主に日本国内や日本人同士の間で使われている言語である。日本は法令によって公用語を規定していないが、法令その他の公用文は全て日本語で記述され、各種法令[6]において日本語を用いることが定められ、学校教育においては「国語」として教えられるなど、事実上、唯一の公用語となっている。

使用人口について正確な統計はないが、日本国内の人口、および日本国外に住む日本人や日系人、日本がかつて統治した地域の一部住民など、約1億3千万人以上と考えられている[7]。統計によって前後する可能性はあるが、この数は世界の母語話者数で上位10位以内に入る人数である。

日本で生まれ育ったほとんどの人は、日本語を母語とする

2017年4月現在、インターネット上の言語使用者数は、英語、中国語、スペイン語、アラビア語、ポルトガル語、マレー語に次いで7番目に多い[8]。

語彙は、古来の大和言葉(和語)のほか、漢語(字音語)、外来語、および、それらの混ざった混種語に分けられる。字音語(漢字の音読みに由来する語の意、一般に「漢語」と称する)は、漢文を通して古代・中世の中国から渡来した語またはそれらから派生した語彙であり、現代の語彙の過半数を占めている。さらに近代以降には西洋由来の語を中心とする外来語が増大している(「語種」の節参照)。

人物どうしの微妙な関係を表現する

待遇表現の面では、文法的・語彙的に発達した敬語体系があり、叙述される人物どうしの微妙な関係を表現する(「待遇表現」の節参照)。

日本語は地方ごとに多様な方言があり、とりわけ琉球諸島で方言差が著しい(「方言」の節参照)。近世中期までは京都方言が中央語の地位にあったが、近世後期には江戸方言が地位を高め、明治以降の現代日本語では東京山の手の中流階級以上の方言(山の手言葉)を基盤に標準語(共通語)が形成された(「標準語」参照)。

表記体系はほかの諸言語と比べて複雑である

表記体系はほかの諸言語と比べて複雑である。漢字(国字を含む。音読みおよび訓読みで用いられる)と平仮名、片仮名が日本語の主要な文字であり、常にこの3種類の文字を組み合わせて表記する(「字種」の節参照)[注 3]。ほかに、ラテン文字(ローマ字)やギリシャ文字(医学・科学用語に多用)などもしばしば用いられる。また、縦書きと横書きがいずれも用いられる(表記体系の詳細については「日本語の表記体系」参照)。

音韻は「子音+母音」音節を基本とし、母音は5種類しかないなど、分かりやすい構造を持つ一方、直音と拗音の対立、「1音節2モーラ」の存在、無声化母音、語の組み立てに伴って移動する高さアクセントなどの特徴がある(「音韻」の節参照)。

Solving.jpg

戦略的なビジョン

新しいビジネス上の課題や機会に対処するための支援を求めていますか?急速に変化する今日の世界では、テクノロジーを使ってビジネスの価値を高めることができる信頼できるアドバイザーが必要です。

弊社は、戦略的なビジョン、実証済みの専門知識と実践的な経験を組み合わせて提供することができます。ビジネスとテクノロジーの仕組みを理解し、ビジネス要件を満たすために必要な専門家の指導とサポートを提供します。