困窮するプロジェクト

プロジェクトが行き詰っているのか、救助が必要なのかを評価する方法はたくさんあります。理由は必ずしも財政的な問題だけでなく、プロジェクトの利害関係者が当初の予算目標を遵守せず、プロジェクトのタイムリーな完了のみを重視している場合があります。もう一つの潜在的な懸案事項は、元々の仕様の品質に問題があり、要求されたものを提供できない可能性がある事です。

回復への道

お客様は、プロジェクトが行き詰っている事を認識した瞬間に弊社までご連絡下さい。 アンワイヤード・ロジックは経験豊かなPMを派遣し、プロジェクト本来の目標に集中し、不確実なものを明確にし、合意された予算内でタイムリーに完了すべく、品質と仕様を明確に定義したレベルに基づいて、最終目標に達するための新鮮なソリューションと方法を提供します。この分野での専門知識を活用する事で、プロジェクトをできるだけ早く軌道修正し、利益を得るために尽力した分を取り戻す事ができます。

リスク管理

優れたリスク管理とリスク緩和は、アンワイヤード・ロジックのプロジェクト管理チームにとって常に重要なプロセスとして位置付けています。苦境にあるプロジェクトを救済するという弊社の評判は私たちに先行しており、私たちは頻繁に苦しい時に援助を求められています。リスク管理は、事前対策として真っ先に実施されるべきであるにも関わらず、殆どの場合補足として追加され、問題をその場で阻止するための手段となってしまっています。ですので、リスク管理はプロジェクトマネジメントにおいて不可欠かつ継続的な要素でなければなりません。弊社は、標準的なプロフェッショナルサービスを補完するための基本サービスとして、リスク管理とリスク軽減を提供しております。