ほとんどの企業は、エネルギーコストの上昇とビジネスが環境に及ぼす影響に懸念を抱いています。しかし、エネルギー効率を改善するためにどのような変更が必要か、またこれらのイニシアチブをどのように実施するかを理解している企業はごくわずかです。この見落としの主な理由は、事業者および物件所有者が、このコストについて投資の機会としてではなく、埋もれた運用コストとして固定されていると考えているからです。

アンワイヤード・ロジックは、エネルギーの削減と制御に積極的に注力するエネルギー管理プログラムの作成を支援し、お客様がこれらの投資に対して高いリターンを実現する事を可能にします。これらのプロジェクトの内部収益率(IRR)はかなりのものがあります。変更後の内部収益率(MIRR)は約30%になる可能性がある事を考慮すると、さらにユーティリティプログラムや政府プログラムからのリベートやインセンティブを活用する事で、これらのプロジェクトの回収を促進する事ができます。多くの場合、短期間の投資回収期間の後、プロジェクトに直接利益をもたらす事ができます。

graphic energy management - jp.png

エネルギーコストの上昇、設備予算精査の増加、豊富な技術選択 - 持続可能なエネルギーは、最高レベルのビジネスで議論されるべき課題です。

論理的かつ実証済みのアプローチにより最大の利益を保証

アンワイヤード・ロジックが提供するエネルギー利点サービスは、企業がエネルギー効率のメリットを最小限のリスクでかつ最大限の効果を引き出すことを可能にします。弊社は、50を超える地域で約200のエネルギー管理プロジェクトを実施していく中で、様々な挑戦を経て、洗練された導入方法に辿り着きました。弊社の総合的アプローチは2007年から実施しており、省エネプロジェクトを実現するための積極的なモニタリングおよび保証措置を採用しております。これによりお客様には予測可能な収益率を提示し安心して投資していただく事ができます。

弊社のエネルギー管理における論理的かつ包括的なアプローチにより、エグゼクティブは施設内のエネルギー使用情報に基づいた意思決定を行う事ができます。これは、沈んだエネルギーコストを具体的な競争上の優位性に変換し、お客様のビジネスに次の事を可能にします。

  • 継続的な効率プログラムを活用してエネルギー使用量とコストを管理する
  • スマートで知識豊かなエネルギーの意思決定を行うことで収益を向上させる
  • 財務基準(回収、IRRなど)に合った削減機会を創出する
  • エネルギーコストを削減して自己資金投資を説明する
  • エネルギー数値と削減の目標に達するための包括的なロードマップを定義する
  • 継続的なモニタリング、分析、報告の体制を取る事により、持続可能な省エネルギーを確保する