事業継続計画(BCP)

お客様のITシステムに対する重大な依存関係を理解するために、ビジネスインパクト分析(BIA)を実施する事をお勧めします。これは、企業の部門長と一連のユーザーインタビューを通じて開始する事ができます。これに続いて、ビジネスの場所や重要なプロセスなどのオペレーショナルリスクに寄与する様々な要因の調査を行い、遭遇する可能性のある最も明白で可能性の高いリスクと、その失敗の影響を特定します。そのリスクを軽減するための戦略は、BCPの次の基本要素です。これが確立されると、ビジネス継続性計画を成功させるために必要な指示と課題を準備する事は比較的容易です。

災害復旧計画(DRP)

弊社のお客様がITシステムに大きく依存し、収集されたBIAの結果に基づいて通常の業務に大きなリスクがある事が判明した場合、ビジネスクリティカルなシステムが自動的にフェールオーバーしたり、致命的な障害発生時に復旧可能なバックアップを自動で作成したりするなどの災害復旧計画(DRP)の検討をお勧めします。優れた災害復旧計画はお客様に復旧のために必要なテクノロジーや、復旧時間目標(RTO)や復旧ポイント目標(RPO)を策定する上で必要な手順を知るために役立ちます。 Unwired Logicは、弊社のクライアントである複数の金融関係者様と相談し、ホット/ウォーム・フェイルオーバー・システムの設計と構築を行いました。また、大規模なIT障害から生き残るために必要なテクノロジ・カットオーバー計画書も用意しました。

BCPテスト、バリデーション&調整

計画と文書化の準備が整った後、RPOとRTOが成功の基準として実際に満たされているかどうかを確認するための災害シミュレーションを含むビジネス継続性テストを計画し実行するのを支援します。通常、BCPテストは1年に1回実施し、各テスト後に調整を行い、適合性を確保します。

技術選択/ソリューション設計

急速に変化する今日の世界において、お客様にはテクノロジーでビジネスの価値を高める事ができる信頼できるアドバイザーが必要です。弊社は新しい技術やシステムのアップグレードを選択する際に専門家の指導とサポートを提供できる立場におります。クラウドに移行しているか、エネルギーコストを削減しようとしているかにかかわらず、弊社が支援を提供する技術は以下の通りです。

  • クラウドベースのテレフォニーシステム
  • クラウドベースのストレージとオンラインバックアップ
  • オフィスのITインフラ
  • クライアント/サーバアーキテクチャへの近代的アプローチ
  • VMware /仮想化